東京から飛行機で北海道へ 格安なのは成田発のLCC!

滑走路を歩く飛行機 旅行

こんにちは、はなです。
私は、先日ふと思い立って北海道旅行に行ってきました。
決意したきっかけは、札幌(新千歳空港)への飛行機が安かったからです。

6月29日(土) 成田→札幌
7月01日(月) 札幌→成田  ジェットスター往復で、一人当たり16,000円くらい。

どうですか?
この金額なら「行こう!」って思えませんか?

スポンサーリンク

LCCって何?

LCCは「ローコストキャリア(Low Cost Carrier)」の略称です。
無料サービスの廃止や有料化、機内設備を簡素にするなど、
効率的な経営により正規運賃自体を低価格にした格安航空会社のことです。

LCC各社は低価格で提供するために、コスト削減の徹底をしています。
機内設備やサービスなどが一般航空会社と比べて縮小されているほか、
予約が変更不可、払い戻し手数料が高いなどの制約があります。
その分、私たちは格安で航空券を予約することができます。

予約後の自由度は?

LCC各社は、JALやANAといった一般航空会社と比較して、
予約の変更や払い戻しの手数料が高いです。
航空券によっては予約の変更ができない場合や、払い戻しに対応していない場合があります。
購入の際、きちんと確認しましょう。

機内サービスは?

一般航空会社は「食事・飲み物」「アメニティ」「映画・音楽などの機内エンターテインメント」「Wifi」が無料で利用できますが、LCC各社では多くの場合提供しておらず、また提供がある場合にも通常は有料となっています。

国内線の場合、飛行機に乗っている時間は2時間程度かと思います。
成田空港=新千歳空港は、「片道1時間40分」です。
ペットボトル片手に、読書したり、
旅行のガイドブックを見ていたら、あっという間に着きますよね。

機内設備、座席の広さは?

LCC各社の機種はコスト削減のためボーイング737やエアバスA320といった小型機が多く、
機内設備も大型・中型機に比べて簡素なものとなっています。

大人数収容のため、高密度に席を配置していることから、
一般航空会社の飛行機と比べて座席間隔がやや狭いです。

お子さんや女性の多くはストレスなく座れます。
190センチ以上の方などは、自分の席と前席との距離が若干狭いので
膝が前席にぶつかり窮屈かもしれません。
「非常口席」ですと、通常よりも座席配列が広めなのでオススメですよ。

荷物の重量やサイズ

機内に持ち込める荷物の重量やサイズが決まっています。
LCC各社は、一般航空会社よりサイズや重量の制限が厳しいです。

荷物の預け入れについては、LCC各社では有料の場合がほとんどです。
機内への持ち込みは、各社異なります。
「持ち込み個数は2個まで」「持ち込み荷物の総合計重量は7キロまで」
といったような条件があります。

2泊3日のような国内旅行ですと、工夫次第で荷物も少なくできると思います。

そろそろ捨て時期かなぁ、、
くたびれたTシャツや下着などありませんか?
そういった洋服は旅に最適です。

旅先で捨てて帰ると、帰りの荷物が減りますし
その分、お土産を買えるのでオススメな方法です!!

チェックインカウンターの場所

LCC各社はターミナルの端にあることが多く、カウンターも少ないため、
チェックインの時間がかかる可能性があります。
時間に余裕を持って行動しましょう。

成田空港=新千歳空港 のLCCは?

4社就航してます。

 ・ジェットスター
 ・ピーチ・アビエーション
 ・バニラエア
 ・春秋航空日本(スプリングジャパン)

ジェットスター

ジェットスター飛行機

国内外問わず、充実した路線網です。本数も多いです。

<成田空港発着の路線>
・札幌(新千歳空港) ・大阪(関西国際空港) 
・松山 ・高松 ・福岡 ・熊本 ・大分 ・鹿児島

ピーチ・アビエーション

ピーチ 飛行機

国内系LCC最大手です。
関西国際空港発着の運航が多いです。

<成田空港発着の路線>
・札幌(新千歳空港) ・大阪(関西国際空港) 
・福岡 ・奄美大島 ・沖縄(那覇空港) 

バニラエア

バニラエア飛行機

成田空港を拠点に路線展開しています。

<成田空港発着の路線>
・札幌(新千歳空港) ・函館 ・大阪(関西国際空港) 
・奄美大島 ・沖縄(那覇空港)

春秋航空日本(スプリングジャパン)

スプリングジャパン飛行機

中国の春秋航空の日本法人です。
国内線は、成田空港を拠点にしています。

<成田空港発着の路線>
・札幌(新千歳空港) ・広島 ・佐賀

羽田空港発着のLCCはないの?

羽田空港から発着している国内線のLCCはありません。

LCCではありませんが
札幌(新千歳空港)行きだと「スカイマーク」がオススメです。
LCCほど格安ではありませんが、JAL/ANAよりお安く運航しています。

LCCをより安く買うコツ

LCCをさらに安く乗るには、
どの時期が高くて、どの時期が安いかを知ることが重要です。

ゴールデンウィークや、夏休み、シルバーウィーク、年末年始、
そして三連休といった需要が高い日は、値段が高くなる傾向です。

需要と供給によって値段が前後するんです。
繁忙期と閑散期の値段は「3~4倍違う」とも言われています。
すごいですね。

◉安く買うポイント
・セール時期に買う(不定期にセールが開催されてます)
・早めに買う(残席が減ることによって値段が上がります)※1
・直前購入も安い場合あり(空席をなくすため、前日〜当日に値段を下げる場合があります)
・早朝または深夜便を選択する(日中より3,000円~4,000円程度安いことが多いです)
・土日祝ではなく平日で予約する

※1
早すぎる予約は、まだ料金が高い設定の場合があります。
予約の動きが出始める「2ヶ月前」あたりがチェックするのに最適だと思います。

LCC購入方法

LCC各社の自社HPで購入することが可能です。
以下、各社名をクリックすると自社HPへ移動しますよ。

 ジェットスター
 ・ピーチ・アビエーション
 ・バニラエア
 ・春秋航空日本(スプリングジャパン)


でも、どうせなら、4社の金額を比較して決めたいですよね。
そんな時は、こちら↓↓を使ってみてください。
上記4社を一気に検索できて、料金比較ができます。便利ですよ。
↓↓こちらをクリック↓↓

みなさま、良い旅を!!

タイトルとURLをコピーしました