簡単!洗える!軽量!ミシンで10分!清潔マスクケースの作り方

マスクケース ライフスタイル

こんにちは、はなです。
マスク生活が続いてますが、外出中に付けていたマスクを外す時、皆さん、そのマスクをどこに置いていますか?

食事中、外したマスクをテーブルの上に、そのまま置くのは、なんだか不潔な気がしてイヤ・・

かさばらず、洗濯できて、可愛いマスクケース入れが欲しい!と思って作ってみました。作り方をご紹介します。ミシンで10分でできちゃいます。手縫いでもできます!初心者でも大丈夫。簡単なのでぜひ作ってみてください。

【このマスクケースの魅力】
①簡単に作れる
②洗えるので清潔
③何度でも使える
④布選びで、自分好みのケースを作れる
⑤かさばらない大きさ
⑥軽量

スポンサーリンク

作り方1:布を選び、規定のサイズにカットする

布2枚

表布、裏布の2枚が必要です。
縦22センチ×横13センチ で布を2枚カットします。

はな
はな

市販の通常サイズのマスクが入れられる大きさです。
女性用、子供用マスクでも、この大きさでいいと思います。

手作りマスクを入れたい方は、若干大きめのケースが必要のはず。
縦24センチ×横15センチ で作ってみてください。

作り方2:2枚の布をミシンで縫う

2枚の布

2枚の布を重ねます。
2枚の布のおもて面同士を重ね合わせてください。

縫い合わせた布1枚

2枚の布の周りを、ミシンで縫います。
完成時、この縫い目は見えないので、何色の糸でも大丈夫です。

はな
はな

重要ポイント
全てを縫ないでください!

縫い合わせた布

布の縦長い部分の一部を、5センチ程度縫わないで下さい。

布を指で持っている写真

縫い合わせしていない部分から、布を引き出して、布をひっくり返します。

ひっくり返すと、おもて面の布がお目見えです。

作り方3:四隅を綺麗にし、アイロンする

布を持っていて、布の四隅が写っている状態

布の四隅を綺麗にしていきます。

布に針を刺している写真

指で整えるのは限界があります。
を使って、布を引き出し、綺麗な角を作りましょう。

布の写真

四隅を綺麗にしたら、アイロンをかけて整えます。

はな
はな

アイロンをかけるのは、面倒かもしれませんが、のちの完成度が違います。アイロンをかけ、形を整えましょう。

丸囲みした部分は、布をひっくり返す時に使用した縫い合わせできてない部分です。
ここをきちんと整え、アイロンして下さい。

作り方4:ミシンで両サイドを縫い合わせる

次の工程で完成です!
布を半分に折り曲げ、両サイドをミシンで縫います。

両サイドを塗った布

縫う時のポイントが2つありますので、
この2点を読んでから作業してみて下さい。

布のはじを赤囲み

1つ目。
上記、丸囲み部分ですが、最後まで縫うのではなく、少し手前で終わらせるのがオススメです。この方が、マスクの出し入れがしやすいです。

布の空いている部分に青囲み

2つ目。上記青囲み部分。
きっちり、布を2つ折りにして縫うのではなく、少しずらして2種類の布が見える形で縫い合わせるのがオススメです。この方が、マスクの出し入れがしやすいです。裏地も見えて可愛いですよね。

完成したマスクケースはこちら

色んな色で作ってみました。
洗濯して何度も使えるので清潔です。

布とマスク

マスクを2つ折りにして入れます。

布にマスクが入った状態

上から見るとこんな感じ。

布を横から見た写真

横から見たらこんな感じ。
マスク1枚だけですので、薄くかさばりません。

最後に

初心者でも簡単に作れるマスクケースをご紹介しました。

  1. 作り方1:布を選び、規定のサイズにカットする
  2. 作り方2:2枚の布をミシンで縫う
  3. 作り方3:四隅を綺麗にし、アイロンする
  4. 作り方4:ミシンで両サイドを縫い合わせる

ぜひお試しください。

・・ちなみに、私が使っているミシン、安くて使いやすくて、オススメです。1万3千円くらいで購入しました。

タイトルとURLをコピーしました