おすすめ:多機能でコスパ高いDinoFireのワイヤレスプレゼンター

授業を聞いている様子イラスト お取り寄せ

こんにちは、はなです。
今日はワイヤレスプレゼンターの紹介です。
私の夫が、仕事で使うために吟味して買いました。

夫

機能充実の割にコスパが高い!!

と絶賛している商品をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ワイヤレスプレゼンターとは

大学講義をしている様子

大学の講義や、仕事のプレゼンとかで使う「ワイヤレスプレゼンター」。「プレゼンテーションポインター」と言ったりもするみたいです。

夫

レーザーポインターとは違うんですよ!

レーザーポインターは皆さんもご存知と思います。
赤や緑のレーザー光を出し、画面を指すものですよね。

今回紹介するワイヤレスプレゼンターは、レーザー光は出しません!
パソコン上にある「カーソル」を使って
聴講者に対し、注目して欲しい部分を多機能で演出していきます!!

パソコンの画面

多機能とは?

◉ポインターをカスタマイズできる(色、大きさの変更、虫眼鏡機能など)
◉マウスのように画面をクリック可能
◉残り時間を表示するタイマー機能
◉乾電池要らずのUSB充電

夫

取り急ぎ箇条書きにしてみました。
補足情報は、この後、丁寧に説明していきます!

買った商品はこれ「DinoFire プレゼンター」

手に持ったポインターの写真

Amazonで購入しました。
現在、楽天では取り扱いがないようです。

箱の中には
・本体(PCと接続するためのUSBは本体に格納されています)
・充電用ケーブル
・袋
・説明書
・保証書
が入っています。

説明書は、いかにも自動翻訳にかけた感じの日本語ですが、
読めば大体使い方は分かると思います。
USBの中にも日本語・英語の説明書PDFファイルが入っています。

DinoFire っていうメーカーは何?

中国のメーカーです。
ゲームのコントローラーなども作っているようです。

なぜこの商品を買ったのか

夫

それは、安いから!!
コスパ第一で選びました。

多機能が付いていて、使いやすそうで、そして何より「安い」から。

この商品のメリット〜多機能について

6つのメリットを詳しく説明します。

①ポインターの指す箇所を拡大して見せることができる

お花にとまっている虫の写真

2倍の大きさに拡大することができます。
Amazonのページでは「デジタルレーザーボタンと送り/戻しボタンを押して、倍率のサイズを調整します」と書いていましたが、変えられるのは拡大の倍率ではなく、拡大範囲のようです。
スライドの中に文字の小さい表が入っているときなど、拡大して説明したいことがある時に重宝する機能です。

②スポットライトで照らすことができる

葉っぱに光を照らしている写真

このスポットライト機能を使うと
パソコン画面全体が暗くなり、ポインターで指しているところのみを
スポットライトで照らすことができます。
これ、目立ちます。
プレゼンで「ここ注目!!」の場面で使うとインパクトがありますね。

③カーソル操作機能がある

マイクを持ってプレゼンしている男性

カーソル操作機能もあることで、
通常ならば、マウスやパソコンから操作すべき作業
 ・資料を次のページにする
 ・リンクをクリックする
 ・音量を上げる

などといった「クリック作業」をこのポインターで操作することができます。
プレゼン途中で、パソコンのマウスに持ちかえる必要はなく、とても便利です。

④タイマー機能がある

タイマー機能を説明している図

時間を設定すると、残り時間をポインターに表示させることができます。
それが、上の図のデジタルディスプレイ部分です。
1分刻みで残り時間が分かります。
決まった持ち時間内でのプレゼンの時、
手に持っているプレゼンターで残り時間が分かるのは便利ですよね!!

⑤照射先の画面を選ばない

デジタルレーザープレゼンターを使用している図

レーザーポインターだと「液晶モニター」などは、
液晶から発する光の関係なのか、うまく照らせない場合があります。

この「ワイヤレスプレゼンター」は
外から光を照らすレーザー式とは違うため、
どの画面にも対応できます。

加えて、ポインターの色も変えることができるのは嬉しいですね。
丸の大きさも変えられるそうです。
そして、ポインターを動かすスピードも設定できます。

⑥USB充電なので乾電池要らず、長時間使用が可能

一度のフル充電(1時間半)で、60時間使用可能!
乾電池でない分、ポインターはすごく軽いです。

この商品のデメリット〜使ってみてわかったこと

夫

使うのに多少慣れが必要かも。
数分使ってみると、コツを掴んで慣れてきますよ。

レーザーポインターと違い、ポインターの先が照らされるわけではありません。
つい、ポインターを画面に向けてしまいそうになりますが、その必要はないんです。

画面上のポインターを3Dのマウスで動かすような操作になります。
ですので、ポインター自体が指す先を向いている必要はなく、
ボタンを押しながらポインターを右上に動かせば、画面上の点も右上に動く、という感じです。

夫

ボタンを押すと、若干カチカチ感があります

使う分には、問題ないのでご安心ください。
もっと価格の高いポインターだと、ボタンもソフトな感触なのかも?と思います。

今はレーザーポインターよりワイヤレスプレゼンターの時代!!

いかがでしたか。これまでのレーザーポインターではできなかった色んなことができるようになっているんですね。

今回ご紹介したおすすめ品はこちらです。

ワイヤレスプレゼンターは、他にもこんなものもあります。高級感溢れるものから指に装着するタイプまで!

タイトルとURLをコピーしました